ひとしずくのせかい

作品概要
人数 2~5人
時間 20分
年齢 8歳~
参考価格 改訂版 3,000円※ゲムマ限定価格
ゲムマ出展 2016秋
在庫状況 在庫切れ
3行インスト インスト3分でボードゲーム
みんなでせかいを創るよ♪
木のコインに布袋、充実のコンポーネント

こちら「ひとしずくのせかい

2016秋の新作ボードゲームでございます

 

*背景で盛ろうという

 

お菓子詰め合わせ風のクラフトボックス

 

*開封ちゃん
 

開けますと中央右「ぬののふくろ」です
これ、盗賊が銀貨入れてるヤツですよね

つまんなかったらダイス袋にしよぅ

 

右に並べちゃってますが
袋には木のコインが入ってます
森、山、川、カニの60枚

 

中央左、コマ類にはクラフト調のケース付きっ

 

ゲームボードは40×40cmの中型四ツ折

コストダウンのため手作り・クオリティでございます
中央におおきく「しずく」が描かれ

周囲にはマーカー置き場やルールサマリ

 

左下は神のカード(作成中のもの)、そして取説です

 

―――

 

ひとしずくのせかいでは

プレイヤーは神さまとなって

水滴のひとしずくの中にせかいをつくります

 

みなでひとつのせかいをつくるのですが
勝利点を得る方法が神さまによって違います
例えばデメテル(穀物の神)は、村が勝利点となり
アルテミス(狩猟の神)は、点在する森が勝利点です

 

 

せかいの創造にはルール☆があります
・砂浜コインを3角形に並べたら、いずれかの上に森を置ける
・森のコインを3角形に並べたら、いずれかの上に山を置ける
・川は山を水源とし、海の上に置く
・川が3枚つながると村ができる
・川は砂浜ともみなすが、川の上にコインは置けない

(これでほぼすべてです)

 

.

*初期配置は毎回違う

 

デメテルは村を産みたいので、川を横たえたい
となると、水源(山)の土台となる森がいります
一方、アルテミスも森がほしいので、序盤はデメテルと
目的が一緒です。しかし山はなくてもよいですね
森が3角形に並ばないようにして、山づくりを妨害してもいいですし
川が流れたとしても(並べるとわかりますが)森を点在させるための
有効な障壁としてはたらくので、共生する作戦もアリです
逆にデメテルは山1つあればいいですから
水源を得たのちは、異なる道を行くでしょう

 


.

このように、それぞれ得点方法の違うプレイヤーが

同行したり、ときには妨害したりしながらひとつのせかいをつくります
.

*村がひとつできました


手番ですることは、上記のルール☆に沿って

好きなコインを2枚置くだけ
コインが尽きたらゲーム終了です


.

※それぞれの神さまは勝利点1点と3点の2つの得点方法を持っています
 また「はじめての川」など、誰でも取れる勝利点 Universal VP があります
※上級ルールでは担当の神さまを隠匿し、ラウンドを数え、
 途中でおおまかな勝利点が公開される仕組みになります

 

―――

 

なんといってもうちのサークル、3分以上のインストには耐えられない

ウルトラマン達なので、ルールと手番でやることはシンプルです
.

初期配置と参加する神さま、プレイヤーの性質により、さまざまなせかいが生まれます

気になった貴方、ぜひ触れてみてくださいませ

 

 

=========2017/5/2 加筆
■ 改訂版について
【価格が初版から500円あがりまして、3,000円となりました】
ルールの変更はありませんが、業者に低コストで依頼でき、
品質向上をはかれる部分(下記項目)は頼んでみました
価格は上がってしまいましたが、なかなか良いコスパでの
クオリティUPになったと思います。ご了承くださいませ
・二色刷消しゴムスタンプのゴム印化
・大型機械によるボード台紙の正確な裁断
・ボード台紙の厚みをさらに向上
・大判用紙で継ぎ目を一辺だけに限定
・ボードの接合シールを薄いタイプに変更
・初版の際にいただいた質問をもとに、ルールブックを改訂